みねうち生活

俺の好きなゲーム、漫画、パチンコなど俺目線でゆるーく紹介

お土産・グルメ 東京スカイツリー

待ち時間なしで入場可能!東京スカイツリー入場券の予約方法と料金

投稿日:

SPONSORED LINK

東京の観光スポットとして外せないのが、東京スカイツリーです。

 

テレビやネットなどで、その姿を見たことはあっても

実際にまだ行ったことがない方もたくさんいるのではないでしょうか?

 

「行ってみたいけど、すごく混雑してそうだし、チケット買えるかな?」

なんて心配している方に

入場券の予約方法や料金などをご紹介したいと思います!

 

 

スカイツリー展望台入場券の予約方法とその料金は?

スカイツリーには、展望台が2つあります。

 

1つは、高さ350mにある「東京スカイツリー展望デッキ」

もう1つは、高さ450mにある「東京スカイツリー展望回廊」です。

 

入場券は、どちらの展望台まで上るかによって料金が違ってきます。

 

そして、チケットの購入方法ですが、次の3つがあります。

 

・当日券を買う

・ネットで予約する

・旅行会社で購入する

 

では、それぞれの購入の仕方につて、詳しくご説明しますね。

 

【当日券を買う】

前もって予約せずに、当日にスカイツリーのチケットカウンターで購入します。

急に予定が変更になった場合などには便利な一方で

混雑状況によって、2~3時間程待つこともあります。

 

せっかく行っても、数時間待ちがあるとテンション下がりますよね・・・。

日にちが決まっている場合には、やはり日時指定予約をすることをおすすめします。

 

 

【ネットで予約する】

スカイツリーに行く日にちが決まっているのであれば

ぜひネット予約でチケットを購入しておきましょう。

 

ネットで予約する際は、日にちと時間を指定して予約します。

時間は、30分刻みで選びます。

 

指定された時間に入場しなければなりませんが

待ち時間なしで入場できるのは何よりうれしいですね!

 

【旅行会社で購入する】

旅行会社や指定のホテル(オフィシャルホテル・フレンドシップホテル)で

交通手段や宿泊とセットで購入します。

 

こちらは、日にちのみの指定になるので

好きな時間にしかも待ち時間なしで入場することができます。

SPONSORED LINK

 

時間の指定がないというのは、時間に制約されずに済むということなので

観光のための時間を有効に使えますね。

 

次に、入場券の料金についてご紹介します。

 

先にも出てきましたが、スカイツリーには2つの展望台があります。

 

なので、料金もどこまで上がるかによって違ってきます。

 

・展望デッキ(350m)だけのチケット

・展望回廊(450m)へのチケット

・2つの展望台へのチケットがセットになったセット券

 

では、それぞれの料金について詳しくご紹介しますね。

 

【東京スカイツリー展望デッキ(350m)】

◇当日券:大人2,060円、中・高校生1,540円、小学生930円、幼児620円

 

◇予約券(10時~20時30分)

:大人2,600円、中・高校生2,100円、小学生1,400円、幼児1,000円

 

 

【東京スカイツリー展望回廊(450m)】

◇当日券:大人1,030円、中・高校生820円、小学生510円、幼児310円

 

◇予約券:販売なし

 

【東京スカイツリー展望デッキ+展望回廊】

◇当日券:販売なし

 

◇予約券(10時~20時30分)

:大人3,600円、中・高校生2,900円、小学生1,900円、幼児1,300円

 

 

朝の早い時間帯に入場できる『朝割』も

入場料を見て、「むむっ。・・・結構高いな・・・」と思った方に

おすすめしたいのが、「朝割」料金のチケットです!

 

8時から9時30分までの入場券は、10時以降の入場券に比べて

お安くなっています。

 

【東京スカイツリー展望デッキ(350m)】

大人2,100円、中・高校生1,600円、小学生1,000円、幼児700円

 

【東京スカイツリー展望回廊(450m)】

予約券販売なし

 

【東京スカイツリー展望デッキ+展望回廊】

大人3,000円、中・高校生2,300円、小学生1,400円、幼児900円

 

こういった割引チケットもぜひ利用したいですね。

 

 

まとめ

 

スカイツリーの営業開始から数年経ちますが

その人気はいまだに衰えぬ人気ぶりです!

 

特に、週末や夏休みなどの長期休暇中は、長蛇の列ができるほどです。

 

なので、絶対にスカイツリーの観光をしたい!(できれば待ち時間なしで!)

というのであれば、日時指定予約で確実にチケットを入手することをおすすめします。

 

さらに、朝割料金は少しお得になっています。

朝のうちは混雑もそれほどではないので

空いている朝に、ゆっくりとスカイツリーを堪能して

それから観光に行くというのもいいかもしれませんね。

SPONSORED LINK

-お土産・グルメ, 東京スカイツリー
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です