早すぎるくらいが丁度いい!?花粉症対策いつから?病院処方を悩む方へ

目安時間:約 4分
SPONSORED LINK

 

 

 

今年もまもなく花粉症の季節がやってきますね。

花粉症がひどい方にとっては、気の重いシーズンですね。

少しでも症状を軽くするためにも、花粉症対策は

いつからすればいいのでしょうか?

病院での処方をしてもらったほうがいいのでしょうか?

気になるギモンについて調べてみました。

早すぎるくらいが丁度いい!?花粉症に病院処方を悩むなら今すぐGO!

 

スギ花粉は一般的に、九州や関東では1月下旬から、

関西では2月上旬から飛び始めるそうです。

・・・思ったよりも、早いですね!!

花粉が飛び始める2週間くらい前から治療を開始することが

最も効果的とされています。

そのため、病院での処方を希望するのなら、

1月中旬までには医師に相談して、花粉症対策を始めましょう。

 

まずは自分のアレルギー源を知ろう!病院で分析チェック

 

花粉症の原因となる植物は、どのくらいあると思いますか?

なんと!60種類以上もあるそうです!

自分がどの花粉に対してアレルギーがあるのかを、

まずはしっかりと知る必要がありますね。

検査方法としては、血液検査、鼻汁検査、皮膚テストなどがあります。

1つずつみてみましょう。

 

・血液検査

花粉アレルギーだけでなく、ハウスダストや動物、食品に対する

SPONSORED LINK

アレルギーも調べられます。

1度の検査で、12種類のアレルゲンがわかります。

・鼻汁検査

鼻の入り口に綿棒をいれて、鼻水をとり白血球のうちの

好酸球が多いかなどを調べます。

・皮膚テスト

ブリックテストと皮内テストがあります。

ブリックテストは、皮膚に少し傷をつけて、そこへ

アレルゲンを乗せて、反応をみます。

皮内テストは、アレルゲンを注射して、15分後に

皮膚の反応をみます。

 

受診する時のポイントは、

“一番つらいときの症状”や“何に一番困っているか”を

お医者さんに伝えることが重要です。

 

お薬派?免疫UP派?有効療法の目的別まとめ

 

 

病院の処方薬のほかに、市販薬もたくさんの種類がありますね。

自分の症状にあった薬を選びたいです。

 

それでもやっぱり

「お薬には頼らない!」という方もいらっしゃると思います。

免疫UPするのに有効な方法をまとめてみました。

 

《花粉症予防は食べ物から!》

・野菜中心のバランスのとれた食事をとる。

・「乳酸菌」(ヨーグルトなど)と「ポリフェノール」(甜茶など)

が入った機能性食品をとる。

《気になる!舌下免疫療法》

花粉症を根本から治療できる、画期的な療法です。

 

それと、やはり大事なのは、

十分な睡眠・適度な運動・ストレスをためこまないこと。

分かっていてもなかなか実行できないですが、

心がけて生活したいですね。

 

○まとめ○

 

病院で診察をしてもらうときは、

いつごろから症状が出始めているか、どの部位にどんな症状が起きているかを

しっかりと伝えることが大切ですね。

 

テレビや新聞、インターネットの花粉情報に注意して、

早めに花粉症対策を始めましょう。

SPONSORED LINK

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿
良く読まれてる人気記事
SPONSORED LINK