みねうち生活

俺の好きなゲーム、漫画、パチンコなど俺目線でゆるーく紹介

健康 病気

あなたの長引くその痛み大丈夫!?親知らずの抜歯後に起こる頭痛と発熱の原因は?

投稿日:

SPONSORED LINK

 

痛み始めた親知らずを、そのままにしておくのも鬱陶しいですが、

抜歯後のことも心配ですよね。

実際、親知らずの抜歯後、頭痛や発熱に悩まされる人は少なくないようです。

親知らずの抜歯後に起こる頭痛や発熱は、どんなものなのでしょうか?

 

親知らずの抜歯後頭痛と発熱が起こる理由

親知らず抜歯後の頭痛の原因は?

親知らずの抜歯後、頭痛が起こることはよくあります。

原因は主に、以下のようなものです。

 

  • 筋肉痛

親知らずの抜歯後は、どうしても傷がある方を使わず、

もう片方ばかり使って食べ物を嚙むことになりがちです。

 

そうすると、普段使わない筋肉に力が入ってしまい、筋肉痛を起こすことになります。

慣れない嚙み方のせいで、肩こりが起こり、頭痛を引き起こすこともあるようです。

 

2・手術のダメージ

親知らずの抜歯の処置は、20分から1時間かかるのが一般的です。

その間、顎を大きく開けた状態がずっと続くことになります。

 

また、歯茎を切開したり、骨を削ったりという措置が取られると、

関節や骨に受けるダメージが予想以上に大きい場合もあります。

ただ、この痛みは、時間の経過とともに引いていきますので、心配はありません。

 

3・噛み合わせの変化

歯の噛み合わせは、口だけでなく、身体全体のバランスを支えています。

SPONSORED LINK

親知らずを抜歯したことにより、その噛み合わせが一時的に変化すると、

繊細なバランスが崩れることになります。

 

抜歯直後は仕方ありませんが、血が止まって傷口の痛みがおさまってきたら、

出来るだけ左右の両方を使って咀嚼するようにしましょう。

どうしても痛い場合は、もう一度歯医者さんに相談してみてください。

 

親知らず抜歯後の発熱の原因は?

親知らずの抜歯後、発熱する人も少なくないようです。

親知らずが歯肉に埋まっている場合、それを切開して無理やり抜くと、

血管から口内の細菌が入り込み、一時的な菌血症の状態になります。

身体の免疫機構により、入り込んだ細菌によって病気になることはほとんどありませんが、その間発熱することはよくあります。

熱が高い場合は、早めに歯医者さんに言いましょう。

抗生剤その他、薬を処方してもらえます。

 

抜歯後の頭痛・熱が長引く場合はもう一度受診を!

 

親知らずの抜歯後起こる頭痛や発熱は、

時間の経過とともにおさまるものがほとんどですが、

中には注意した方がいい場合もあります。

親知らずを抜いた痕に出来た穴から、口内の細菌が奥へ侵入して、上顎洞炎を起こすケースがあるからです。

 

また、心臓や髄膜に細菌が感染し、何らかの障害を起こすこともまれにあります。

1週間を過ぎても頭痛や発熱の症状がおさまらない場合は、

もう一度受診して、原因を調べてもらった方がよいでしょう。

 

まとめ

 

親知らずの抜歯を勧められている方、手術は心配ですが、

そのままにしておくのも、口内だけでなく身体にとって悪影響となります。

以上の記事が、心の準備の参考になれば幸いです。

SPONSORED LINK

-健康, 病気
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です