みねうち生活

俺の好きなゲーム、漫画、パチンコなど俺目線でゆるーく紹介

WBC 日記

速報 WBC 侍ジャパン第2戦VSオーストラリア

投稿日:

SPONSORED LINK

1次ラウンド突破を掛けた大事な試合

昨日は大事な初戦を取った我らが侍ジャパン。
このままの勢いでこのグループを1位で通過して欲しいね。

 

 

今日の相手はオーストラリア。
結構、元メジャーな選手がいるらしい。
まぁ今日もやってくれるでしょう。

 

気になるスターティングメンバーは?

 

スターティングメンバーは昨日と同じ。

 

1番DH山田
2番セカンド菊地
3番センター青木
4番レフト筒香
5番ファースト中田
6番ショート坂本
7番ライト鈴木
8番サード松田
9番キャッチャー小林先発ピッチャー菅野

1回の表

1番山田、センター前ヒット。
2番菊池、繋げてライト前ヒット。
3番青木、セカンドゴロ、ランナー進んでワンアウト2塁3塁。
4番筒香、空振りの三振。
5番中田、サードゴロでスリーアウトチェンジ。
点は入らなかったけど昨日からのいい調子は続いてそうだね。

 

1回の裏

 

 

菅野の立ちあがり、少し力みがあるように見える。
ランナーは出すけどキッチリ後を抑えて無失点で切り抜ける。
なんか安心して見てられるわ。

 

2回の表

三者凡退。

相手のピッチャーも調子出てきたか?

 

2回の裏

ツーアウトからホームランを打たれて0-1
その後は抑えてスリーアウト。
まぁしゃーないしゃーない。

 

3回の表

さあ反撃だ。
でも三者凡退。
ヤバそう。

 

3回の裏

投手戦の予感。
三者凡退。

 

4回の表

クリーンアップに期待。
でもでも三者凡退。
試合展開はえーな。

 

4回の裏

菅野は5回まで行けそうな球数。
ランナーを2塁まで進められる。
でも後続を打ち取る。

 

5回の表

そろそろ反撃しようぜ。
ノーアウト1塁3塁のチャンスを作る。
ここでオーストラリアはピッチャー交代。
8番松田が犠牲フライを打って1-1の同点。
さらに小林が送りバントでツーアウト2塁。
ここでトリプルスリーの山田。
だけどセンターフライ。

SPONSORED LINK

オッケーオッケーまずは同点。

 

5回の裏

追いついた所だからここは0点に抑えたい。
ワンアウト1塁2塁になった所で球数制限でピッチャー交代。岡田。
だけど力みがあるのかワイルドピッチでワンアウト2塁3塁。
その後フォアボール。ワンアウト満塁。
でもそこで注文通りのゲッツー。ナイス。

 

6回の表

2番菊池からの好打順だけど残念。
三者凡退。

 

6回の裏

ピッチャー交代、ソフトバンクの千賀。
ここからは継投が勝負を分ける。
ランナーを出したけど結果アウトはすべて三振!素晴らしいピッチング。
このリズムを攻撃に生かして欲しい。

 

7回の表

ほら来た、中田のソロホームラン!
遂に勝ち越し2-1!
これも投手陣の踏ん張りがあってこそ。
でもその後は続かずスリーアウトチェンジ。

 

7回の裏

千賀続投。そりゃそうだ。
キッチリ三者凡退。

 

8回の表

ダメ押し点が欲しい。
ツーアウトの所でピッチャー交代。

 

 

ここでツーアウト1塁から筒香が、2試合連続のツーランホームラン‼

 

 

これで4-1
ここでまたピッチャー交代。
この後は続かずスリーアウトチェンジ。

 

8回の裏

侍ジャパンのピッチャーも交代宮西。
キッチリ三者凡退。
今日は継投が本当にはまってる。
このままあと1イニング頼むよ。

 

9回の表

またノーアウト1塁2塁のチャンス。小林がまた送ってワンアウト2塁3塁。
山田は敬遠。ワンアウト満塁。
菊池は浅いライトフライ。タッチアップできず。ツーアウト満塁。
続く青木も三振。

よし気持ちよく最後締めよう。

 

9回の裏

ピッチャー交代牧田。
解説の原はクローザー向きではないと言っているけど見事三者凡退でゲームセット。

ナイスゲームでしたね。今日はピッチャーが本当に良かった。
守りのリズムがそのまま攻撃にうまいことでたと思います。

これで2次ラウンドへの進出はほぼ確実。

この勢いのまま世界一奪還にへ突っ走って欲しいね。

ナイスゲーム‼

SPONSORED LINK

-WBC, 日記
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です