子供だけじゃない!?意外と怖い大人喘息の発作とその対処法は?

目安時間:約 4分

SPONSORED LINK

喘息は子供がなる病気というイメージですよね。

大人は喘息にならないと思っていたら、

大人の喘息は10年前からどんどん増えています!

 

更に大人の喘息の方が子供の喘息より症状が重くなる可能性が高く、

悪くなると入院したり、最悪亡くなってしまう事もあるようです。

 

喘息って甘く見ると怖いですね。

 

喘息で発作が起きて苦しいときは

どうすればいいのか対処法をまとめました。

なぜ喘息が起こるのか、原因と仕組み

喘息ってどうして起きるのでしょうか?

喘息を発症した人は、気管に炎症が続いたことで、

気管支が普通よりも細くなり、刺激にも敏感な状態になります。

アレルギー物質がそんな状態の気管に入ると

気管が敏感に反応してひどい咳を引き超こすのです。

原因となるアレルギー物質はダニ、ハウスダスト、フケ、ペットの毛、カビのようです。

知っておくと安心!大人喘息の発作が出た時の対処法

発作が急に起きて息が苦しくなったらすぐに対処をしましょう。

SPONSORED LINK

特に4月5月9月10月は喘息が起きやすい季節のようです。

季節の変わり目は急に寒くなったり暑くなったりするので

体調が乱れて喘息も起きやすいようです。

 

また夜も特に注意が必要なようです。

私も風邪をひいて咳がひどいときは、何故か夜に咳がひどくなりました。

夜は副交感神経が働くのですが、それが気管を

昼間よりも縮めてしまうため発作が起こりやすくなるようです。

まず発作が起きたら薬で対処しましょう。

お医者さんに薬を処方してもらい、

常に薬を持ち歩くようにすると良いですね。

薬を飲んでも症状が良くならないときは、急いで病院に行きましょう。

窒息したらとても危険ですので、急患で診てもらいましょう。

 

もし薬が無いときは?

・水分をとる。冷たい水ではなくて暖かいものを飲みましょう。暖かい紅茶が良いようです。

・姿勢が寝ている場合座る姿勢に変える。

・背中をたたいて痰を吐き出しやすくする。

・体を温める

この方法を試してみると良いようです。

 

そして、普段から予防しておくのも大切です。

 

予防方法は原因のハウスダストやダニを近づけないように

こまめに掃除をする、加湿器などでのどを潤しておく

暖かい飲み物を飲む習慣をつける、大根やはちみつを

食べるなどの方法があるので習慣にしましょう。

最後に

食事やストレス、生活習慣にも気を付けて

健康な体作りをしておくことも大切ですね。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

SPONSORED LINK

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿
良く読まれてる人気記事
SPONSORED LINK