『MineCraftレビュー』マイクラは冒険、建築、マルチプレイも!可能性無限大のモノづくりゲーム!

目安時間:約 6分

SPONSORED LINK

すべてがブロックでできた広大な世界。

 

その世界に飛び込んだら、
まるでもう一つの世界を生きているかのような感覚になります。

 

自由に壊し、自由に造り、自由に駆け回れる!
こんなものづくりを楽しめるゲームは、
まるで砂場遊びを思わせることから
「サンドボックス(砂場)型」とも言われています。

 

マインクラフトはPC、PS4,PS3,Nintendo Switchなどでも大人気で、
世界中の人に愛されているゲームです。

 

◆「マインクラフト」ってどんなゲーム?

このゲームには、

サバイバルモードとクリエイティブモードの二つがあります。

 

サバイバルモードは、生き抜くことが最低ラインの目標となっています。

 

設定によって「ボーナスチェスト」という最低限必要になる

アイテムがランダムで入っている宝箱を手に入れることができますが、

最初は何も持っていない状態から始まるため、

ライフラインを整えるために様々な素材やアイテムを入手しなければなりません。

 

暗い洞窟や夜になれば、モンスターも出てくるため、

身を守るアイテムも必要となります。

 

クリエイティブモードは、最初からすべてのブロックを使うことができ、

ドット絵や膨大な建築物を作るのが好きな方にオススメのモードです。

 

「浮遊して自由に世界を歩き回れる」こと、「不死身」であることが特徴です。

 

例えば、サバイバルモードでは高所から落ちれば死に至ることもあり、

足場がなければ作業はできませんが、クリエイティブモードでは浮遊できるため足場は不要です。

 

どの角度からも自在にブロックを置くことができ、

ブロックも一発で壊すことができます。

 

まさに「創造する」ことに特化したモードということですね。

 

◆サバイバルモードでの生き抜き方とは?

世界はランダムに生成されます。

 

そのため、まずは周りを見渡してどんなものが

近くにあるかを確認します。

 

最初に必要となるのは「木」です。

木がなければサバイバルができないといっても過言ではないくらい、

この世界では重要なアイテムとなっています。

 

木を素手で…掘り掘り。

痛々しいですが、少し時間をかければ「ポコッ」と一つゲットできます。

SPONSORED LINK

 

木をいくつかとればアイテムを確認し、

「作業台」というものを作成します。

 

この作業台を使うことで、木を切る斧、土を掘るシャベル、

石を削るツルハシなど、ブロックを壊すのに便利なアイテムが手に入ります。

 

このように少しずつ便利なアイテムを手に入れて

生き抜くのがサバイバルの醍醐味なのです。

 

そうしていくと段々日が落ちて夜になっていきます。

サバイバルはここからが本番です。

 

一日を迎えるのに山場となるのが、ゾンビなどのモンスターが湧いてくる夜。

モンスターは暗いところ(洞窟の中、夜など)ならどこでも湧いて襲ってきます。

 

モンスターから身を守るためには「松明」を作って明るい場所を構えるか、

「ベッド」を作って就寝し、夜を朝に変えるかのどちらかとなります。

 

松明を作るには「石炭(木炭)」と木から作れる棒が必要となり、

ベッドを作るには羊の羊毛と木材が必要となります。

 

これらを手に入れるのって簡単なように思いますが、

初心者のうちは何度も夜にモンスターに襲われて死んでしまうということも少なくありません。

 

夜になるのは思ったよりも早く、

簡単な道具を作っているうちに日が落ちてしまうのです。

 

そのため、いかに、一日目の夜を安全に過ごすかが大切になります。

 

もし死んでしまった場合、世界を生成した時に降り立った場所で生き返ります。

 

しかし、今まで集めてきたアイテムは死んだ場所でばら撒いてしまい、

生き返った時にはまた何も持っていない状態から始まってしまいます。

 

落としたアイテムは5分以内に取りにいかなければ、

なくなってしまうのです…。

 

この、ハラハラドキドキする感覚が味わえるのも、

またサバイバルモードの魅力です。

まとめ

サバイバルモードも、クリエイティブモードも、

マルチプレイが可能です。

 

友だちや世界の人たちと、冒険やモノづくりを楽しむことができるなんて、

本当にすごいですよね!

 

こちらは有料アプリとなっていますが、

元が十分にとれるほどやりこめるゲームだと思います。

ぜひ、自由な世界で自由に遊ぶ楽しさを味わってみてください!

SPONSORED LINK

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿
良く読まれてる人気記事
SPONSORED LINK