デスクワークで腰痛を呼び込む座り方がある!?その原因と予防法&改善策を紹介

目安時間:約 5分

SPONSORED LINK

オフィスでお仕事をされている皆さんは、1日のほとんどがデスクワークの方も多いと思います。

デスクワークの職業病とも言えるのが腰痛。

腰が痛いって、本当にツライですよね。

なぜデスクワークで腰痛になるの?腰痛を改善することって出来る?予防は?

そんな疑問をお持ちの方のために、情報をまとめました。

 

デスクワークで椅子に座り続けると何故腰痛になるの?

椅子に腰かけると、立っているときよりも楽になった…という気になりますが、

実は、腰への負担は椅子に座った時の方が大きいってご存知でしたか?

 

考えてみてください。人間の頭って重いんですよ。

立っているときは、それを背中や腰の筋肉、下半身の全部を使って支えていますね。

 

椅子に座ると、確かに下半身は重さから解放されますが、その分頭を含む上半身の重さが全て腰にかかることに…

椅子に腰かけると、腹筋も弛緩し、背中と腰の筋肉、脊椎、椎間板のみで上半身の重さを支えることになります。

具体的には、立っているときのおよそ1.4倍の圧力がかかっていると言われます。

さらに、デスクワークをメインとする人は、その姿勢を長時間続けることも少なくないでしょう。

同じ姿勢をずっと続けることで、筋肉は緊張し、血行が悪くなり、いわゆる「凝った」状態になります。

血行が悪くなると、さらに筋肉は固まってしまうので、悪循環に陥るわけです。

いかがですか?

これでは、デスクワークで腰痛になってしまうのは、当然とも言えますね。

 

腰痛の予防法&改善法をご紹介!

安心してください。

デスクワークでも腰痛を防ぐ方法、なってしまった方でも改善出来る方法がちゃんとあるんです!

SPONSORED LINK

デスクワーク腰痛を引き起こす原因は?■座り方チェック

まず、自分の座り方をチェックしてみましょう。

以下のような座り方をしていませんか?

・パソコンに向かって背中を丸めている

・片肘をつくのがクセ

・浅く腰かけて背もたれによりかかる、「反り腰」をよくやる

・斜めに座る

・脚を組む

 

上に挙げた座り方は、すべて腰への負担をさらに大きくする、

「腰痛を呼び込む」座り方です。

デスクワークでの腰痛を予防する正しい座り方は以下。

・最初に腰を折って椅子に深く腰掛ける

・顎を引いて背筋を伸ばす

・背もたれに適度によりかかるように座る

・骨盤と背骨が直角になるように座る

・デスクの上のマウスなどは出来るだけ手元に引き寄せる

 

正しい座り方は、腰への負荷を減らし、身体の疲労も楽にしてくれます。

是非、自分のいつもの座り方を見なおしてみることをお勧めします。

 

デスクワーク腰痛改善策■腰回りの筋肉を鍛える

腰への負担を減らすもうひとつの方法は、

腰を支える「筋肉を鍛える」ことです。つまり、腹筋と背筋の強化です。

腰を痛める心配なく腹筋を鍛える方法としては、

美木良介氏の「ロング・ブレスダイエット」が大ヒットしましたが、呼吸法による筋トレは確かに有効です。

他にも、チューブを使うトレーニング、タオルを使う簡単なエクササイズなど、

お手軽に出来る方法が色々とあるので、興味のある方は是非そちらもチェックしてみてくださいね。

 

デスクワーク腰痛改善策■定期的にストレッチをする

やはり、長時間同じ姿勢を続けるというのは、

全身の筋肉が凝り、疲労を感じるもととなってしまいます。

 

出来れば30分に1度、少なくとも1時間に1度は、

立ち上がって腰を動かし、筋肉をほぐすようにしましょう。

血行をよくして気分をスッキリさせた方が、作業効率もアップするはずです。

まとめ

 

いかがでしたか?

デスクワークに腰痛はつきものですが、腰痛のメカニズムと対策を知っていれば、改善することは出来ます。

腰は身体のちょうど真ん中。元気に楽しく過ごすためには、ものすごく重要な部分です!

ちゃんといたわって、快適なオフィスライフを過ごしてくださいね。

 

SPONSORED LINK

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿
良く読まれてる人気記事
SPONSORED LINK