貴方の内臓が泣いている!? その腰痛の原因、実は内臓疾患かも!?

目安時間:約 5分

SPONSORED LINK

 

なんでもないときには、まるで無いかのように意識せずにいる「腰」ですが、一度痛めるとツラいものです。

ところが病院に行って、レントゲンやMRIなどを受けても、「異常なし」と言われた…という経験はありませんか?

実は、腰痛のうち、椎間板ヘルニアなどの原因が特定できるのは、全体の2割以下に過ぎないのです。

 

では残りの原因は何か…と言えば、

・ストレスなど心因性のもの・内臓疾患によるものがあり、様々な原因が複合している場合も少なくありません。

 

腰痛を引き起こす内臓疾患の中には、早く対処しないと命に関わる疾患もありますので、注意が必要です!

以下、腰痛の原因となる内臓疾患についてまとめました。

 

腰痛の原因となる内臓疾患7つ

  • 便秘

便秘の症状が進むと、腸の中に溜まった便とガスとで腸が膨張し、腰を圧迫することで痛みを感じることがあります。

便秘を放置すると、腸閉塞や大腸がん、腸ヘルニアなどの腸の病気に進行することもありますので、なるべく早く解消することをおすすめします。

 

  • 胃腸の疾患

腰痛の他に、みぞおち付近に痛みがあると、胃潰瘍が疑われます。

また、お腹のすき具合によって痛みに変化がある(空腹だと痛くなり、食べるとおさまるなど)場合は、十二指腸潰瘍かもしれません。

いずれも暴飲暴食やストレスなどが原因で起こる病気です。

 

  • 膵炎

右脇腹から背中にかけて痛みがあれば、膵炎かもしれません。アルコールやカフェインなどを多量に摂取しつづけると、膵液が過剰に分泌され、膵臓自身を溶かしてしまうのです。

急性膵炎は最悪の場合死に至るケースもありますので、要注意です。

SPONSORED LINK

 

  • 肝炎

腰痛の他、右脇腹から背中にかけて痛く、身体がだるいといった症状は、肝炎にみられる特徴です。膵炎同様、アルコールやカフェインの過剰摂取によって起こります。肝炎を放置すると、脂肪肝・肝臓がん・肝硬変などに進行することもありますので、必ず内科を受診しましょう。

 

  • 腎盂腎炎

発熱や、トイレが近いといった膀胱炎に似た症状があれば、腎盂腎炎かもしれません。他に発熱や食欲不振、吐き気などもあります。最初は症状が軽くても、進行すると重篤な症状にもつながりかねませんので、正しい処置が必要です。

 

  • 帯状疱疹

片方だけに症状があり、ぴりぴりとひきつれるような皮膚の痛みを感じる場合は、帯状疱疹による神経痛が考えられます。他に、赤い発疹も出ることが多いです。

 

  • 子宮の疾患

女性の場合、子宮の疾患も考えられます。

子宮筋腫は良性の腫瘍で、それ自体怖いものではありませんが、大きくなると周りの内臓を圧迫し、腰痛を引き起こすことがあります。

また、子宮内膜症や子宮がんなども、下腹部全体の重い痛みに加え、腰痛の症状が出ることがあります。

 

気づいてあげよう身体の悲鳴! 内臓疾患由来の腰痛が怖いワケ

 

 

腰痛の原因が内蔵疾患に由来するものである割合は1~2%と言われており、

そう多い数字とは言えないのですが、気づかずに放置すると、

進行して命を落とす結果となる怖い病気の可能性があるため

出来るだけ早く原因を特定する必要があります。

 

じっと動かずにいても痛い、あるいは、空腹かどうかによって痛みに変化がある、

といった症状に心当たりがあれば、内臓疾患を疑ってみた方がいいかもしれません。

湿布を貼って終わりにせず、出来るだけ早めに、内科を受診してください。

 

まとめ

 

腰痛はツラいものですが、慣れてくるとつい、「こんなものだ」と思ってしまいがちな症状でもあります。

不快な症状は出来るだけ取り除いて、快適な生活を送ってくださいね!

SPONSORED LINK

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿
良く読まれてる人気記事
SPONSORED LINK