その症状副作用かも!?花粉症の薬を飲むとなぜ喉が渇くの?その対策は?

目安時間:約 4分

SPONSORED LINK

冬から春へと移り変わる頃は、寒さから解放されて喜ばしい季節ですが、

花粉症に悩む皆さんにとっては、悩ましいシーズンですよね。
花粉症に効く薬も数多く出ているとは言え、

喉が渇くなどの副作用でお困りの方も少なくないようです。
花粉症の薬を飲むと、なぜ喉が渇いてしまうのでしょうか?

原因と対策についてまとめました。

その症状副作用かも!?花粉症の薬を飲むと喉が渇く原因とは?

 

花粉症は、本来無害であるはずの花粉に対し、

アレルギー反応を起こすことによって発症します。

この「アレルギー反応」を引き起こす物質が「ヒスタミン」です。

花粉症の薬には、ヒスタミンの働きを抑える「抗ヒスタミン成分」が配合されています。
抗ヒスタミン薬には様々な種類がありますが、

その中に「抗コリン作用」を持つものがあります。
コリンとは、人間がリラックスした時に分泌される物質です。

リラックスしているときとはつまり、副交感神経が優位になっている状態を指します。
抗コリン作用は、このコリンのはたらきを妨げ、交感神経を活発にします。

交感神経が優位になると、

血管が収縮し血圧・心拍の上昇といった、一種の興奮状態になります。
この作用のため、唾液の分泌が減少して、口や喉の渇きを覚えるようになるのです。

SPONSORED LINK

 

その花粉症副作用の対策のカギは、水分補給と加湿。

普段、口や鼻、喉の粘膜は、適度に潤うことで、

外部からの菌の侵入・繁殖を防ぎ、口内の細菌のバランスを最適に保っています。
唾液の分泌が減少し、粘膜が渇いてしまうと、菌に対抗できなかったり、

口の中で細菌が繁殖して虫歯・歯周病を引き起こしたり、といった弊害を招く恐れもあります。

花粉症の薬によって喉の渇きを覚えたら、出来るだけ水分を補給し、対策を取ることをおすすめします。

①こまめに水を飲む

普段より意識して、水分を摂取するようにしましょう。

うがいをして口の中や喉を潤すだけでも効果があります。
水の飲み過ぎは危険ですので、少量を数回に分けて飲むよう工夫してみてください。

②マスクをする

マスクには保湿の効果があります。

口元を常に覆っていることで、鼻や口の粘膜の水分を保つことが出来ます。
ウィルスから守るためにも効果的です。

③部屋の加湿

室内にいるときは、出来るだけ加湿して、乾燥に晒されないよう注意してみてください。

部屋の中の湿度が保たれることで、喉の渇きの症状はかなり緩和されます。

④アメやガムを口に入れる

何かを舐めていると、唾液の分泌が促進されます。
ただし、ずっと舐めていると虫歯の原因になってしまいますので、

キシリトール使用のものを選ぶなどの注意が必要です。

まとめ

ツライ花粉症シーズンですが、最近では薬も随分よくなりました。

喉が渇くなどの症状が出にくい薬も販売されているようです。
上に挙げた方法を試しても、やはり症状がつらい場合は、

ドクターか薬剤師さんに相談の上、自分に合った薬を選ぶことも大切ですね。

SPONSORED LINK

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿
良く読まれてる人気記事
SPONSORED LINK